FINAL HEAVEN

激辛好きのへぱと辛さには弱めのまろの両極端な2人の
スープカレーの食べ歩きレビューの他、気ままにやってます。
<< へぱ的スープカレー日記 MARUHUKU | main | へぱ的スープカレー日記 VOYAGE >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
へぱ的グルメ日記 玉林酒家

玉林酒家 辛湯
辛湯(ラータン)お一人用プチラータン¥630

まろがよく「キミに玉林の辛湯を食べさせてみたい!ホンっトに真っ赤で
表面に唐辛子びっしりなんだよー?」と言ってたんだけど、
ラーメン屋の中華ならいざしらず専門店の中華って高いだけであまり
好きじゃなかったんだけど、この日はたまたま気が向いたんで行ってるコトに。

どうするー?今日玉林でも行ってみる−?

この誘いに乗って来ないとオレの場合次にいつまた言い出すかわからんので
まろは速攻食いついたのは言うまでも無い。

辛湯(ラータン)には2種類あって、普通の辛湯とお一人用プチラータン。
ん?この辛湯とお一人用の違いってなんだろ?普通の辛湯って1人用じゃないの?
とか思って店員に聞いてみると、1人で食べるならプチラータンでも多いとのコト。
まぁ、写真はまろが既に記事に使ったみたいなので載せないけど、
辛子鶏(ザーズージー)(トンガラシと鶏の辛揚げ)も頼むし、プチでいいかと。
でもプチって響きがなんかほんとサイドメニュー程度だったらどうしようとか
思ったけど上の写真の通り充分な量だった。これで630円なら安い!
(この後玉林に2回足を運んでいて、普通の方の辛湯も食べてるんだけど
それはまた別の機会に。)

表面に確かに唐辛子。もんのスゲー量。
スープカレーでこの量かけてもらったらそれだけでも630円くらい取られるんじゃ
ないだろうか?っつーくらいかかっていた。

んでさー。オレ、これ麺だと思ってたのよ。辛いラーメンみたいなの。
刀削麺でも普通の拉麺でもなんでもいいからとにかく麺が入ってると
思い込んでたのね。トンガラシの表面バリアを打ち破って箸をつきさして
ほじくってもほじくっても麺が出て来ない。思わず店員に
「すみませんー。これ麺入ってないんですけどー」って言ったら
これはそういうもんなんだそうだw

でも中に豚肉と白菜がもの凄い詰まってるの。凄いよ。
スープ形状に見えるのは表面だけで中には具がギッシリ!

この他にまろが唐揚げだの、そしてメインで頼んでた
辛子鶏(ラーズージー)トンガラシと鶏の辛揚げ(¥1,050)もあってしかも
おつまみトンガラシ¥220(下写真)も頼んでまさにトンガラシ祭りだった(*´ω`*)

でも何故か全然辛く無い。ホントに辛く無い。辛く無いけど美味しい。
スープカレーで言うところの下から2番目3番目程度の辛さなのだけど
これはこれで美味しい。ボリュームも満載だった。

中華キライのオレでも久しぶりに満足した店だったなー。

玉林酒家 おつまみトンガラシ

この時は最高にご満悦だったのだが、でもこの次に行った時は
ハズレひいたw…まぁそれは次の機会に。

 
| 中華・点心・餃子01 | 23:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 23:43 | - | - |
コメント









http://finalheaven.jugem.jp/trackback/1018
JUGEM
SEARCH
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SOUP CURRY REVIEW
NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
RAKUTEN

CATEGORIES
PROFILE
OTHERS
ARCHIVES
このページの先頭へ