FINAL HEAVEN

激辛好きのへぱと辛さには弱めのまろの両極端な2人の
スープカレーの食べ歩きレビューの他、気ままにやってます。
<< MARUHUKU 再食 | main | とら 6食目&7食目 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Spice・Box

中央区なスープカレー屋は駐車場の関係から、なかなか行く機会に恵まれない。
その日はパルコの方へと用事があったのでSpice・Boxへ行ってみることに。
有料駐車場に車を駐め、Spice・Boxの店の前に着いた時は開店5分前。
うん、いいタイミングだ。
店の前にメニューが貼ってあったので、その5分くらいでまろと
何を注文するのか決めながら待つことに。
中に入ると意外と狭く、カウンター4席とテーブル席2つ。小上がり席3つ(仕切って4つ)だ。
ものの10分くらいもしないうちに満席となった。

スープは、あっさり系、シーフード系あっさり系、豆乳系?、こってり系
の4つがあったので、こってり系スープ "ブラフマーの瞑想" の
ラムシャブを選ぶ。それにフランクフルトと納豆のトッピング。
辛さはメニューに100番まで書いてあったのだが、確認するとお好みで
まだ辛くするコトは出来ますよとのコト。
いつものように「どのくらい辛いの過去にでてますかねー?」と尋ねると
200番とのコトらしいので、その200番を注文。
少しすると奥から別の人がやってきて(店長?)、
「かなり辛くなりますけど大丈夫でしょうか?2、3日前に同じように
200番頼んだ方がいらっしゃったのですが、途中で具合が悪くなったので、
お作りしますが様子をみながら召し上がるようにして下さい」と言われたw
まろに「大丈夫なのー?もし食べられなかったら1ヶ月激辛禁止ね!」と
言われたがまぁ大丈夫だろうとむしろ楽しみでワクワクしていた。

スパイスボックス ブラフマーの瞑想 ラムしゃぶ 200番

出てきたスープは赤くそして表面が透明。アジャンタのマサラオイルが半分くらい入っているような雰囲気だった。
スープ自体の味はマジスパに通ずるものがあるかもしれない。
が、200番のそれは虚空200ともアクエリともまた違う。
うーん。どこ系の辛さだったと言えばいいのかなぁ。
強いて言うなら、棗やの4.0にアジャンタのマサラオイルをグワーっと
1/3くらいの量にしてかき混ぜてそれが分離したらこんな感じかなー?
みたいな感じかなw
でも見た目よりは全然油っぽくなくて、辛さもその時は
「いや、結構普通系」と言いながら食べられたほど口当たりの辛さと
喉ごしは丁度良かった。
総トータル的に凄く満足度の高いこってり系だった。
ライスには生わさびみたいなのが添えられていて食欲そそるそそる!
トッピングした納豆もスープにマッチしてたし、満足度の高い
スープカレーを堪能出来た(*´ω`*)

その後、パルコ等を4時間くらい見て回って、帰る前にモスバーガーに
寄ったのが、それまで全然普通だったのだけど、モスでアイスコーヒーを
飲んだ途端に、あれ!?っていう体内の燃焼を感じたw
Spice・Boxのスープの辛さとモスのアイスコーヒーとが融合して化学反応を
おこしたのかどうか知らんが(いや、テキトーw)、とにかく腸が熱い。
その後、ジャスコに行って買い物してレジに並ぶ頃、その化学反応はピークに達した。
「……ちょっと座りたい…」
「は?なしたの?もしかしてお腹痛いとか!?」
「…とにかくどっかに座りたい…椅子無い?」
と、ジャスコ内にあるベンチに座り込む。
トイレ行ってこいーとかいろいろ言われたんだけど、トイレに行くような
痛さでは無いのでちょっとここに座らせて放置してくれーと言う。
その間に食品店で買い物してきてくれーと言うことで、そのまま一人で
座ってたらいつのまにか寝てたw
まろが買い物して戻ってきた頃にはもうすっかり抜けていた。
なんだったんだろ?
| スープカレー03 | 16:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 16:19 | - | - |
コメント









http://finalheaven.jugem.jp/trackback/264
JUGEM
SEARCH
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SOUP CURRY REVIEW
NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
RAKUTEN

CATEGORIES
PROFILE
OTHERS
ARCHIVES
このページの先頭へ