FINAL HEAVEN

激辛好きのへぱと辛さには弱めのまろの両極端な2人の
スープカレーの食べ歩きレビューの他、気ままにやってます。
<< へぱ的スープカレー日記 アジャンタ手稲店 | main | へぱ的スープカレー日記 スープ・カリー Taste >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
へぱ的スープカレー日記 鉄板焼とスープカレー ロイン

たまたま夜に中央区に居たので普段行かないようなトコロに
行ってみようということと、まろがいまひとつスープカレーという
気分でも無いかなぁなどと言っていたので、すすきのにある
ロインという鉄板焼きとスープカレーのお店のロインというお店に
行ってみることにした。
いや、場所…ちょっとわかりづらかった。南5西5にあるというコトは
わかっていて、その辺をグルグル歩いたのだがビルを発見出来ず
結局電話して場所の確認をしたよ。クラブセガの裏あたりにあるビルの
1階だった。そういえばなんかでそんなコトを読んだような記憶が
うっすらとあった。
ビルの1階。普通に小さい居酒屋とかスナックが入っていて一番奥に
看板を見つけた。たまたまそこのビルのエレベーターに乗ろうとしてた
どっかの会社の40〜60代くらいの酔っぱらったサラリーマン連中が
5、6人居たので余計にそのビルに入りたく無いような気分になった。

なんか…想像してたイメージと違うんだけど…?

オレはどんなイメージをしていたんだろうか。
なんとなく暖中とかみたいな空間というか広くて黒い内装のイメージを
持っていたのは何故かはわからないが、店内の様子もドアを開けてみないと
わからない。まぁせっかくここまで来たしと意を決してドアを開けると
ホントに普通の居酒屋風の店内であった。カウンター席4、5席。そして
テーブル席1席。うわ。マジかよー!やっべー普通の居酒屋調じゃん、
こりゃ来るトコ間違っちゃったかなー、しかも他にダレもお客いねぇし…
などと入った瞬間後悔したんだけど、まぁそれもネタになるネタになると
自分に言い聞かせる。

ご注文は?と聞かれドリンクメニューを差し出されるがオレもまろも
アルコールは飲めない。ウーロン茶2杯(¥300×2)を頼む。
心配だったのが、実はスープカレーといってもメニューにかろうじて
スープカレーとか書いてあって適当なスープカレーが出てくるんじゃ
ねーの?というコトだったんだけど、そこんとこは問題なくそこそこ
選べるようであった。
まろは当初の予定通りお好み焼きを注文。オレは ラムやさい(¥1,000)を
注文。ライスは別で¥200らしいが、敢えてライスはやめて焼そばに
してみた。うーん。スープカレーと焼そば?まぁ最近ずっとライスは
小ライス頼んでご飯を主体とした食べ方してなかったからまぁそれで
いいやーといったところで。

最初、メニューにあった 激辛ハバネロソース(¥100)というのも
頼んでいたのだが、頼んでからまろが棚にあった市販のハバネロソースの
瓶を見つけ「ハバネロソースってアレのこと?」って気づいたので
急遽キャンセル。いや、デスなんちゃらとか狂犬のなんちゃらとかいった
たぐいのハバネロソースの味が大嫌いなのだ。

ロイン-ラムカレー

スープカレーは予想に反して美味しかった。
ラム肉自体凄くやわらかくてアジャンタのラムかりーぽいし、
スープも、うーん、なに系かといわれるとやっぱり薬膳抜きアジャンタ系
というか福楼系というかそんな感じで美味しかったよ。
ただボリューム的にはちょっと物足りなかったかなぁ。
スープカレーを食いに来たぞ!っていう勢いで来るとちょっと物足りなさ
を感じるかも。あ、スープ大盛りって(¥+100)であったかも。

期待してなかっただけに、美味しくてビックリしたw
味的には満足度は高いお店だったよ。
軽くアルコールをひっかけながらというのであれば結構いいんじゃ
ないかなーと思う。お好み焼きとかも美味しかったしね。
マスターも優しそうで愛想のいい方だったので、馴染みやすい
お店ではあるんじゃないかなと思う。
| スープカレー05 | 10:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 10:29 | - | - |
コメント









http://finalheaven.jugem.jp/trackback/366
JUGEM
SEARCH
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SOUP CURRY REVIEW
NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
RAKUTEN

CATEGORIES
PROFILE
OTHERS
ARCHIVES
このページの先頭へ